44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

5クール目の抗がん剤治療の休薬期間最終日まで【がん闘病記64】

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2016年の9月中旬ごろに書いたメモをまとめています。

5クール目の抗がん剤投薬終了から8日経過

2016年9月。

昨日よりかわずかながら体調は思わしくない気がする。

倦怠感が少しだけ昨日よりキツイ。

とにかくたくさん水を飲もう、と朝からごくごくと浄水器の水を飲む。

これが医学的に根拠があるものかどうか分からないけど、なるべく身体の毒素を出したいという思いから水をたくさん飲んだ。

f:id:yo_kmr:20181111020504j:plain

だからと言って気分がいきなりすっきりするわけでもないけど、頭もボーっとしてるし思考がまとまらないので早く寝ることにする。

 

癌と診断されて3ヵ月たった今、僕は油断している

5クール目の抗がん剤投薬終了から9日経過 

なんだか昨日よりも倦怠感がキツい気がする。

吐き気は無いけど舌のしびれ、食欲不振、肌の疾患はある相変わらず。

そして5クール目の抗がん剤治療の休薬期間前半に悩んでいた便秘は今では下痢に変わっている。

便秘と下痢。

性質としてはまったく逆な属性だと思うんだけど、最近の僕のおしりはふり幅が大きくて困る。

副作用の波として休薬期間の終盤に倦怠感がぶり返すことは前にもあったから今回もその波が来ているのかもしれない。

油断している

とはいえ僕は今、油断している。

ステージ4の癌を診断されてからしばらくのあいだ、僕は自分の人生が終わってしまうことばかり考えていた。

朝。悲しみの中で目を覚まし、ことあるごとにその恐怖に焼かれていた。

僕の人生はいつ終わるのか?

今年中か来年か?

それともほんの数か月先か?

そんなことばかり考えていた。

表面上ではなるべくネガティブなことは考えないようにしていたと思うけど、心の奥底ではその恐怖は常にそこに置かれ、

常に僕をにらみ続け、

重苦しい毒気を発し続けていた。

f:id:yo_kmr:20181111020534j:plain

 

でも、癌が発覚してから現在、約3か月経った今でも僕の人生はまだ終わっていない。

もしかしたら希望が出てきたのかもしれない。

「実際このままのらりくらりと癌はこれ以上悪化しないまま過ごせるんじゃないか?」

そんなことをちらほら考えるようになった。

実際に医師の口からは今のところ血液検査の結果が悪いだとかそんなネガティブなことを聞くこともなく、どちらというと腫瘍マーカーの数値は範囲内だとかそういったポジティブなことを聞いている。

そうなると僕の今までの身勝手でわがままな自分が出てくる。

「生」に対する欲というか日常のエゴというかそんなものたちが最悪のシナリオに対する恐怖で焼かれてむき出しになっていた僕の心を鉄が錆(さび)ていくようにふたたび欲やエゴで覆われていくようだ。

これは油断だ。

こういう時に限ってまたドーンと奈落に落とされるようなことが起こる。

これまでの人生でこんなパターンは何度も経験してきた。

もはやフラグと言ってもいいくらいだ。

油断せず、粛々と日々を過ごそう。

僕は癌患者なのだから。

 

ガツガツ食べることに対するあこがれ

この期に及んでまだ僕は食べ物のことをいつも考えている。

抗がん剤の副作用で舌は痺れ、食欲だってあまりないくせに。

もう一か月以上は「お腹すいたー」って感覚を味わってない、空腹感が無い。

そのかわりにあるのは吐き気と倦怠感。

なのに最近は牛丼のことばかり考えている。

「はあ…牛丼を男子高校生柔道部員のようにガツガツと食べたい…」

食欲は無い癖に食い意地は無くならないようだ。

f:id:yo_kmr:20181111020624j:plain

 

これまで癌に関するいろいろな本を読んで、本によっては肉は食べないほうが良いだとか、糖質制限をした方がいいなんて書いている本もあった。

そういう本を読んでからなるべく肉や炭水化物は取らないようにしてきたが全く摂ってないというわけではない。

パンは比較的食べやすいので少しだけ食べている。

せっかくつらい抗がん剤治療をしているのだからなるべく癌が育つような要素は取り除いていきたいと思うけど、ぎっちぎちに節制しているわけではない。

抗がん剤で癌を抑制できた人は抗がん剤の影響で食生活が変わった人も多いんじゃないかなと勝手に推測してみる。

抗がん剤治療を受けてみて感じたことは

今まで抗がん剤治療を受けてみて感じたことは食べ物の好みが変わるということ。

舌が痺れて味覚が変わるので以前まではおいしいと思えていたものがおいしくなくなる。

あと、味が強いものでないと味覚を感じにくいことや、逆に果物からとる甘みは感じやすいなどさまざまある。

僕は肉を食べてもおいしいと思わなくなったから最近はほとんど食べてない。

果物とサラダがどちらかと言えば多いと思う。

もしかしたら抗がん剤で癌を抑制できた人は副作用による味覚や嗅覚の変化に逆らわず、ストイックな菜食主義者的食生活に自然と移行した結果、癌を抑制できたってこともあるんじゃないかなって思う。

僕はそこまでストイックにはなれないけど。

 

意識的に生活する

5クール目の抗がん剤投薬終了から10日経過

朝から午後にかけては調子が良かったが夜になると倦怠感が増す。

体調もよさげだったので朝から牛丼、昼はカツカレーと久々に結構なカロリーを摂取した。

そのせいなのか夕方からダルくなって寝込む。

全身に意識を巡らせる。気を張る

夜になって母の買い物を手伝うため外出した時思ったのだが、抗がん剤のお陰で意識的に生活できている面はあると思う。

僕の外見的にはパッと見はなんてことない感じで歩いているように見えるだろうけど、内面的は抗がん剤の副作用である倦怠感などと常に戦っている。

せめぎあっている。

身体の中心から湧き上がってくる苦痛に耐え、つらいとかダルいとかそういう感情を押し殺し、奥歯をギュっと噛みしめながら歩いている。

だから目だけは常にギラギラさせていると思う。

 

これまでボーっと人生を生きてきた僕にとってこんな経験は初めてだ。

常に気を張っていないと崩れそうになる。

そんな生き方してこなかったもんね。

 

何が正解なのか分からないけどやるしかない

5クール目の抗がん剤投薬終了から11日経過

ここにきて倦怠感がぶり返してきている。

今日で休薬期間は終わって明日からまた抗がん剤治療が始まると思うとぞっとする。

でも明日からの6クール目の抗がん剤治療を終えれば予定の半分が終わったことになる。

折り返し地点まで来たことになる。

大きな節目だ。

 

闇の中で繰り出すパンチ

今の気持ちとしてはこの治療で癌が抑制できているのか正直分からないから不安ではある。

でも今のところ腹水でお腹が張るとかネガティブな症状は出ていない。

抑制できているかは分からないけどやっていこうと思う。

抗がん剤だけでなく癌を抑制するために食事に気をつけたり、なるべく身体を動かしたり瞑想したりといろんなことをしていこうと思う。

どれが効果があるかは分からないけどやっていこう。

プラスになりそうなものをできるだけ取り入れ、マイナスになりそうなもはなるべく排除していく。

それは真っ暗闇の中でどこにあるかも分からない的に向かってパンチを打ち続けているようなものなのかもしれない。

全部外れているのかもしれない。

ひとつふたつは当たっているのかもしれない。

 

それでも僕は闇雲の中、見えない的に向かってパンチを打ち続けるしかないのだから。

f:id:yo_kmr:20181111020711j:plain