44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

6クール目の抗がん剤の投薬のための入院2日目と、癌と診断されて始めたことやめたこと【がん闘病記67】

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2016年の9月中旬ごろに書いたメモをまとめています。

6クール目の抗がん剤投薬のための入院2日目

2016年9月。

早朝5時前には目が覚める。

さすがに外はまだ暗い。

昨日早めに寝たのと夜中にトイレに起きなかったからよく眠れたのでこんなに早く起きたのかもしれない。

それとなぜか朝から体調がいい。

「いい」とは言っても昨日よりも幾分かマシってことだけど。

おそらくは波があるのだろう。今やってる抗がん剤の影響は明日くらいから出てくるのかもしれない。

休薬期間が増えた!これはうれしい!

それと、嬉しい知らせがある。

次回の抗がん剤治療が特別に3週間後になった。

いつもは2週間ごとの入院なので1週間ほど休薬期間が増えた。

担当医のウエノ先生によれば

「今回でとりあえずは予定してた抗がん剤治療が半分終わったので、次回は3週間くらい休薬期間をとってもいいでしょう」

とのこと。

うれしい。

これはうれしい!

f:id:yo_kmr:20181117001649j:plain

 

2週間(正確に言えば11日間)の休薬期間ではその前に受けた抗がん剤の副作用が抜けきらないうちにまた次の抗がん剤治療に入るので、身体が休まるというか薬漬けの状態から抜けきることがなかった。

たとえるなら休薬期間中にちょっとづつ降ろしていた副作用という「重し」を全部降ろし切る前にまた新たに「重し」が追加されるイメージ。

いつも「ああ、あと1週間休薬期間があればなあ…」と思っていたところだ。

これまで何度か抗がん剤治療をやってきて、やはり休薬期間の終盤は比較的体調が良くなっていたので1週間余計に体調の回復のための期間をもらえるということがうれしくてたまらない。

1週間休薬期間が増えたからといってどの程度体調が戻るかどうかは分からないけど、どれくらい元気になれるか楽しみではある。

ふいに訪れたボーナスタイムだ。

癌と診断されてしばらく経ったが自分が癌患者である事実を受け止められたのか?

僕は自分が「癌患者である」ということをどれだけ自分自身の中で受け止められているのだろうか。

考えてみた。

当初、大腸癌であることを診断され外科的手術をし、そのあとがん進行度はステージ4の癌だと告知された。

その事実は到底すんなりと受け入れられるものではなく、おおいにうろたえ混乱し、恐怖と孤独感にさいなまれる日々を送っていた。

精神の上澄みの部分では「この事実を受け止め、向き合わなくては」と思うよう努めてはいたものの、精神の深いところというか心の奥底では背中にぴったりと張り付いてる恐れや悲しみから逃げ出したくて、なんとか遠ざけようと抗っていたように思う。

f:id:yo_kmr:20181117001851j:plain

ステージ4の告知から2ヶ月以上、もうすぐ3ヶ月になる。

今の心境はどうなのか?

自分の命があとわずかかもしれないという事実を受け入れられたのか?

自分が癌患者であるということを受け入れられたのか?

それについては正直分からない。

分かっていることと言えば以前あれほどまでに僕の心を翻弄し、もみくちゃにしていた恐怖と孤独の大波はすっかり引いて、今僕の心は比較的穏やかだ。

その恐怖の中心にいたときは「こんな苦しみが永遠に続くのか」とも思っていたがやはり波があるようで、それでも浮きつ沈みつしながら徐々に落ち着いていった。

変わったといえば心境的には

「僕の命はもうわずかかもしれない、だから真面目に生きよう」

「僕は癌患者なんだ、だから真摯に人生と向き合おう」

って思えるようになったこと。

だからといってこれら全てが僕の今の行動に反映しているわけじゃない。

死の恐怖がいくぶんか遠のいた僕はダラダラとすごしていたりもする。

身勝手でわがままな性分はなかなか抜け切れるものではないらしい。

変な言い訳だ。 

抗がん剤投薬2日目の夕方

自分の体調を観察する。

18:00を過ぎても前回ほどのつらさはないようだ。

前回、5クール目の抗がん剤の投薬の時はこの時間帯くらいから吐き気と倦怠感がピークだった。

5クール目の抗がん剤の投薬が終わってから特に気をつけたことはたくさん水を飲むこととストレッチだった。

これらが功を奏したかどうかは分からないけど現に今ポジティブな状況にあるって事はあながち間違ってないのかもしれない。

これらだけじゃなく大腸癌だと診断されてから取り入れたものやめたものはたくさんある。

全部が全部効果てきめんだと思うのはちょっと図々しいことなのかもしれないけど、大なり小なりにでもポジティブな方向に働いていてくれたらなによりだと思う。

 

癌と診断されて始めたこと、やめたこと

癌と診断されてしばらくが経過して、癌関連の書籍など読みすすめたりネットで検索して調べたりして、自分でできそうなことはなるべく取り入れ、やめたほうがいいと思ったものをなるべくやめるようにしてきた。

それらをまとめてみようと思う。

【始めたこと】

いろいろな癌関連の書籍を読んでみて「ナチュラルハイジーン」という考え方を取り入れてみようと思った。

大まかな概要としては健康に過ごすための7大要素として以下のものを挙げている。

  1. 新鮮な空気を吸う
  2. 純粋な水を飲む
  3. 人間の身体にふさわしい食事を摂る
  4. 毎日の適度な運動
  5. 十分な休養と睡眠をとる
  6. 日光を浴びる
  7. ストレスをためない

どれも特別な医療技術や費用が必要だったりするわけではないし、化学物質に頼ったものでもないので副作用の心配も無い。

それに気軽に始められそうなものばかりなのでなるべく日常生活に取り入れていこうと思い、以下のことを始めていった。

自然公園でのウォーキング

緑の多い自然公園であまり無理のない程度で毎日ウォーキングをしている。

上記にあげた「新鮮な空気を吸う」、「毎日の適度な運動」、「日光を浴びる」という項目が3つ含まれているのでこれからも続けていきたい。

それに自然の中を歩くのはさわやかで気持ちがいいのでストレスの解消にも役立っているのではないかと思う。

f:id:yo_kmr:20181117001938j:plain

 

人間の身体にふさわしい食事をとるという観点で食生活を見直す

野菜や果物をメインとする。

これは抗がん剤の副作用で味覚や嗅覚の感覚が変わったため否応なしとも言える。

あまり肉や炭水化物は食べたいと思わなくなった。

そしてビタミンCがいいと聞いたので、しぼりたてのレモン果汁を一日一個分は摂るようにしている。

 

その他

ストレッチ。

瞑想。

癌に関する書籍の購入、読書。

早寝早起きの習慣。

水をたくさん飲む。

など。

 

生活習慣の改善によさそうで簡単に取り入れられそうなものは積極的に取り入れていっている。

しかし簡単とはいえ、習慣化するまではつい忘れがちになったりもするので根気よく続けていきたい。

 

【やめたこと】

これまでの日常生活の習慣のなかで身体に悪そうなものネガティブなものはできるだけやめるか量を減らすかしてくことにした。

酒、タバコ

飲酒と喫煙習慣が一方的に悪いと決めつけるわけではないけど、やはり身体にとって良いか悪いかで判断すると「悪い」の方に傾くと思う。

ネガティブな要素のうち、僕の努力次第で取り除けるものがあるのならそれをしない手は無いと思うので酒とタバコはやめることにした。

飲みたい、吸いたいと思うこともあるけど自分の命とどちらが大事か考えればおのずと答えは出るはず。

「飲みたい・吸いたい」という欲求が出たときは「それは命をかけてまですることなのか?」と自分自身に問いかけるようにしている。

 

食生活でやめたこと

塩分をなるべく摂らない

砂糖の入ったジュースや清涼飲料水を飲まない

同じく砂糖の入ったお菓子などを摂らない

間食をやめる

など。

癌関連の書籍を読んでいて目に付いたのが「癌はブドウ糖を主な栄養源にしている」といった趣旨の内容だったのでなるべく糖類、主に精製された砂糖などは摂らないように意識している。

 

仕事

もう残りわずかかもしれない自分の時間を大切に使いたいという思いから仕事はやめることにした。

金銭面ではがん保険と生命保険の医療特約から給付金がおりるので治療費などの心配は当面する必要が無いし、ストレスや体調面でも身体にとってネガティブならとりあえずはやめてもいいと思った。

将来もし体調が回復するようなことがあればまた仕事をすればいいし辞めたからと言って取り返しがつかないことでもない。

取り返しがつかないことはこの命がなくなってしまうこと。ただそれだけ。

夜更かし

早寝早起きの習慣ができたので逆に夜更かしはしなくなった。

 

コンビニで買い物しなくなった

ちょっとした間食をしなくなったのでコンビニで買い物をすることはあまりなくなった。

その代わりスーパーマーケットで野菜や果物を買う時に必要なものがあればそこでついでに買うようになった。

 

まとめ

とにかく大腸癌と診断されて手術をし、がん進行度ステージ4の癌だと告げられてから僕の生活は劇的に変わった。

上記であげた始めたことやめたことが今僕の身体にどのように作用しているかは正直言って分からない。

まったく的外れかもしれないし、少しは役に立っているのかもしれない。

でも分からないからと言って手をこまねいているわけにはいかない。

手探りでも何かやらないと、小心者なので落ち着いていられないみたいだ。