44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

抗がん剤の副作用での下痢の症状とのせめぎ合いのなか、外出先で漏らしてしまう…

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2019年の1月上旬に書いたメモをまとめています。

なかなか下痢の症状がおさまらない

2019年1月。

アバスチン抗がん剤投薬後から6日経過

体調の方はゆっくりゆっくりとではあるが日が経つにつれ回復に向かっている。

多少の波はあるものの、前日を大きく下回って気分が悪くなるということは今のところない。

昨晩は久しぶりにまともな食事をし(入院前から約7日ぶり)、しばらくは心配していた下痢の症状も出なかったが、深夜0時くらいに下痢の症状が出た。

とはいえ症状としては軽いものでトイレにこもりっきりにならないといけない、というほどのものでもなかった。

そして今朝、起きてみると吐き気や下痢の症状はとりあえずはおさまっているみたいだ。

いくぶん気分もいい。

暖かいうちに散歩に出かけようと思って午前中に近くの運動公園に散歩に行く。

その後は帰って昼食。

メニューは

  • プレーンオムレツ(半分)
  • ブランパン1個
  • カマンベールチーズひとかけ
  • ツナサラダ
  • 昨日の残りの野菜スープ(白菜とカリフラワーと鶏肉を和風だしで煮たもの)

を食べた。

昨晩に比べたらボリュームが上がったが、食後3時間たった今でもとりあえずは下痢の症状もなく落ち着いている。

再び下痢に

しかし午後4時を過ぎたころ、下痢の症状が出た。

軽度の物だったが、まだまだ副作用のダメージは残っているようだ。

夕食は

  • ブランパンをコンソメスープに浸してオーブントースターで焼いてオニオングラタンスープ風にしたもの
  • 柔らかめに茹でたブロッコリー
  • 母が作ってくれた鯛と豆腐のすまし汁

をゆっくりよく噛んで食べた。

これまでの傾向からすると4~5時間後くらいに下痢になるかもしれない。

その後、午後9時半ごろに軽度だが下痢の症状が出た。

この抗がん剤の副作用による下痢は意外と根深いのかもしれない。

個人的に下痢になりにくいと思う食べ物

今までの傾向をまとめると食べても下痢になりにくかったものは

  • 豆乳
  • おでんの大根
  • 糖質オフのクッキー

などがある。

どれもなるべくよく噛んで胃腸の負担が少なくなるように心がけた。

抗がん剤の副作用で下痢がひどいが、まったく何も口に出来ないというわけでもない。

これからも食べれそうなものを慎重に選んでいければいいと思う。

 

f:id:yo_kmr:20190428202447j:plain

もしかしたら下痢はおさまったのかも

アバスチン抗がん剤投薬後から7日経過

朝起きてみると体調としては多少のだるさはあるものの昨日よりも少しはマシになっている感じだ。

毎度のことながら少しづつ少しづつではあるがなんとか回復に向かっていってくれてる。

少なくとも昨日よりも今日の方が気分がいいということは喜ばしいことだ。

昼食には

  • 玄米ご飯にレトルトの牛丼を少しかけたもの
  • 茹でたブロッコリー
  • 野菜スープ

を食べる。

その後しばらく様子を見てみたけど、下痢の症状は出なかった。

もしかしたら下痢はおさまったのかな?

少し調子が良いようなので、夕食には

  • エビとブロッコリーをオリーブオイルで煮たアヒージョ
  • ブランパンを1つ

を食べた。

その後、数時間様子を見てみたけど、5時間以上経った今でも下痢の症状は出ていない。もしかしたら少し遅れているだけかもしれないけど、下痢はおさまったのかもしれない。そのせいか少し食欲も出てきたような気がするし、なんだか元気にもなってきたような気がする。

抗がん剤の投薬後から1週間でやっとここまで回復した。

これが今後の1つの目安になるのかもしれない

この先の抗がん剤の投薬直後とか苦しい時は

今は苦しいけど、1週間もすれば良くなるかもしれない

と言う希望的観測が持てる1つの根拠になるだろう。

 

はずかしながら外でおもらしをしてしまう…

アバスチン抗がん剤投薬後から8日経過

朝、目覚めてすぐに体調に意識を向ける。

寝起き特有の多少のだるさはあるが、気分的には昨日とあまり変化はない。

昨晩から今朝にかけて心配していた下痢も症状は今のところ出ず、なんとかおさまってくれたのかもしれない。しかし、多少気分が良くなったからといって抗がん剤の副作用の影響は全て身体から抜けたわけではないと思う。

これは今までの経験則で分かることだ。

自分自身では意識できない部分で身体の中にダメージは少しずつ蓄積されていっている。だから抗がん剤治療は回を重ねるごとに副作用がつらくなっていくのだと思う。

いつもフラットというか、毎回同じようなつらさで、抗がん剤治療ごとに副作用がリセットされるなら予想もつきやすく楽なんだけど。

昼食には「カレーハウスCoCo1番屋」で糖質オフのカレーを食べる。

そして午後4時ごろトイレに行くと下痢ではない普通の便が出た。

普通の便が出ることがとてもうれしい

どうやら抗がん剤の副作用としての下痢の症状は完全に治まったようだ。

 

新しい下着を買った直後に漏らす

だがその30分後位に「ファッションセンターしまむら」まで新しいトランクスを買いに出かけたときのこと。

買い物をすませ、お店を出て駐車場に停めてある車まで歩いていたほんの数メートル。ちょっとおならがしたくなって歩きながらおならをしたつもりが少し水っぽい便が出てしまった。

 

え?下痢はおさまったと思っていたのになんだこれ…フェイントかよ…(泣

 

ついさっき下痢がおさまったとばかり思っていて油断していたところで粗相をしてしまった。

ニセおならにまんまとやられた…

f:id:yo_kmr:20190428202654j:plain

 

すぐにきびすを返して、つい今しがた買ったばかりのトランクスをしまむらのトイレで履き替えてなんとか事なきを得た。

さすがに買ったばかりのトランクスがこんな形ですぐに役に立つとは思わなかった…

 

ニンニクを食べると元気が出る気がする

夕食には昨晩作った「エビとブロッコリーのアヒージョ」のオリーブオイルが残っていたのでそのオリーブオイルを使って長ネギのアヒージョを作った。

長ネギのアヒージョはあまりおいしくなかった…

そしてサーモンのお刺身とブランパン1つ。

食後から3時間以上経った今でも下痢の症状は出ていない。

しかしニンニクとオリーブオイルを使った料理を食べるとなんだか元気が出てくるような気がする。

気のせいかもしれないけど「さすがはニンニクだなあ」なんて思う。

その点ではアヒージョという料理は糖質も控えめにできるし最高の料理だ。

 

抗がん剤の副作用はこれからどう変化していくかまだ分からない。食事は消化吸収がいいものを中心になるべく慎重にゆっくりととっていこうと思う。