44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

副作用をつぶさに観察。【アバスチン抗がん剤2クール目投薬終了後翌日から4日目まで】

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2019年の1月中旬に書いたメモをまとめています。

吐き気が強くなるサインは小さなゲップの連発

2019年1月。

アバスチン抗がん剤2クール目の投薬後の翌日

今日は朝から吐き気も強く、気分も悪いので朝からずっと横になっている。前回処方してもらった吐き気止めの錠剤「メトクロプラミド」を飲んで何とかやり過ごす。食事はほとんどとらず水やお茶を飲むだけにとどめる。

投薬での入院中(3日間)も果物を少し食べた程度でほとんど食事はしなかったが、個人的な考えではそもそも抗がん剤で身体が大変なダメージをこうむっているのに、そのうえ消化や吸収などの余計な作業をして身体の負担を増やすわけにはいかないと思っている。

そしてこの「吐き気が強い状態」もそれほど長くは続かないということも前回1クール目の経験からある程度は分かってきた。「お腹が空いた」って身体からのサインが出たら何か食べればいいし、幸いしばらく食べなくても平気なくらいの体力が僕にはまだ残っている。

夜になってから吐き気が少し強まってきた。吐き気の強さを測る目安として、吐き気が強くなると小さなゲップがよく出てくるようになる。こういったサインが出てくると吐き気止めの錠剤を飲むようにしている。f:id:yo_kmr:20190511153420j:plain

他に副作用として頭も少し痛い気がする。頭痛の1段階手前といった感じ。

そして副作用で粘膜が弱くなってるため鼻をかむと少し血が混じることがある。

下痢の症状が出始める

アバスチン抗がん剤2クール目投薬後2日経過

朝になって下痢の兆候が出始める。

今日も気分が悪くて1日中横になっていた。吐き気としては昨日に比べれば少しおさまってきて、吐き気止めの錠剤(メトクロプラミド)を飲むほどではなかった。

今日も食事はほとんど取らず水とお茶だけ。しかし、そのおかげか下痢の兆候が出てもあんまりひどくはならなかった。とにかく今は身体に余計な負担をかけずに抗がん剤の副作用から回復することだけに専念したほうがいいと思っている。 

夜になると気分が悪くなってきて、頭痛の一段階手前のような圧迫感を頭部に感じる。その他の副作用からの症状として、鼻をかむとティッシュに少しだけ血が混じる。鼻の粘膜が弱くなっているのだろう。この副作用の症状は事前に薬剤師さんから聞いていたのである程度は織り込み済みだ。

その他の副作用として倦怠感が見られるが、この倦怠感は吐き気と一緒にやってきて、吐き気がおさまると倦怠感も同時におさまっていくような感じがする。 

ゆっくりと徐々に良くなってはきている

アバスチン抗がん剤2クール目投薬後3日経過

今日は早朝5時くらいに目が覚める。寝起きの調子としては昨日に比べて良くはなってきている。

昨日までは吐き気からくる倦怠感がつらくて一日中横になっていたが、今朝は起き上がってパソコンに向かって何かしようという気持ちになるくらいまで回復してきた。

f:id:yo_kmr:20190511153520j:plain

昼頃、ちょっと調子がいいので試しに豆乳を温めたものを少しづつ口にしてみる。下痢の症状が出ないように様子を見つつ、少しづつ食べものを口に入れていきたい。 

その後、夜7時を過ぎても下痢の症状はでていないので、今度はおでんの大根ひとつとブランパンをオリーブオイルで焼いたもの半分を食べてみた。

過去につけていたメモを見ると、投薬後の3日目としての体調は前回(1クール目)の3日目と比べると少しは調子がいいように思える。

副作用としては吐き気はおさまってきたし、下痢の症状も出ていない。鼻をかんだときに少し血が混じるのは相変わらずだけど、そんなに気にするほどでもない。

薬を減らしてもらったおかげなのか、鍼灸院で教えてもらった下痢や吐き気の軽減に効果があるツボにピップエレキバンを張ったり、同じく下痢と吐き気の軽減と免疫力アップの効果がある梅エキスを食べたり水素水を飲んだりしているおかげなのか。または今日まで極力食べないで水とお茶を飲むだけで済ませてきたお陰なのか。

本当のところは分からないけどポジティブな方向に向かっていることは喜ばしいことだ。

1クール目に比べたら軽い方なのかも

アバスチン抗がん剤2クール目投薬後4日経過

朝、起きると下痢の症状が出た。トイレにこもりきりになるほどのひどいものではなかったけど、もしかしたら昨晩食べたパンがまだ早かったのかもしれない。

前回の投薬後3日目は下痢の症状がひどかったので、その点を考慮すればまだまだ用心すべきだったのかもしれない。下痢の症状にともなって倦怠感も少し出てくるような感じがする。

吐き気のほうは今のところ吐き気止めなどの薬で抑えるくらいしか方法は無いが、下痢のほうはなるべく食べないで胃腸の負担を減らすことでの回避もある程度は可能だと思う。そして前回の投薬後の4日目に比べれば副作用の程度は割と軽い方だと思う。

まだ下痢の症状が出るかもしれないので、昼食は気をつけておでんの大根ふたつと豆乳を飲むだけにしておいた。しかし昼食から2時間後、軽い下痢の症状が出た。一度トイレに行っただけでそれ以降下痢の症状は続かなかったが、下痢の症状に伴って倦怠感が出てきたようで気分が悪くなって寝込む。

夕方になると調子が良くなってきたので、夕食はおでんの大根2つとブランパンをオリーブオイルで焼いたものを1つ食べた。

基本的にはなるべく食べないようにして、少しずつ少しずつ消化に良いものをよく噛んで食べるようにしようと思う。

食欲が無いということは身体からのサインだと思う 

病人の付き添いをしたり身近にいる人によっては心配する想いから「食べなきゃ元気にならないよ!」とか言って食べることを強く勧めてくる人もいる。でも、僕個人の考えとしては食欲がないとい言う事は身体が食事を求めていないというサインなので無理に食事を取る必要はないと思っている。

僕も医師や栄養士としての勉強や訓練をしてきたわけではないので、このことが医学的に正しいかどうかは確かなところではない。

でも野生動物は怪我や病気をすると外敵から見つからないような静かなところに隠れて、体力が回復するまで無理に狩りなどをせず、静かにおとなしくじっとしている。無理に食べたりしないことで自分の自己治癒能力で体力を回復しているのだと思う。

f:id:yo_kmr:20190511153706j:plain

人間もデトックスの一環として断食などを取り入れている場合もある。

最近は体から出ているサインに素直に従うと言うことが1番だと思うようになった。人それぞれ体調や病状に違いはあるので一概には言えないけど、僕にまだ体力があるうちはこの方法で行こうと思っている。