44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

吐き気と下痢がおさまるのを見計らって食事のボリュームを上げる【アバスチン抗がん剤投薬後7日~9日】

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2019年の1月下旬に書いたメモをまとめています。

下痢の症状出るも軽め

2019年1月。

アバスチン抗がん剤2クール目の投薬後7日経過

朝8時ごろ、少しだけ下痢の症状が出たが症状は軽く、そんなにトイレに長く居座るほどではなかった。とりあえずは様子を見ることに。

昼食は

  • プレーンオムレツ
  • ブランパン1つ
  • 焼き鳥のもも塩

を食べた。どの食材も糖質が少ないものを意識している。

昼食後、午後になって軽めではあるが何度か下痢の症状が出た。やはり昨日あたりから食べる量が増えてきたせいなのかもしれない。症状としては軽めなのでそんなに苦しくはないが、やはり下痢の症状にともなって少し倦怠感もでてくるようだ。

夕食には

  • エビとブロッコリーとマッシュルームをニンニクとオリーブオイルで煮たアヒージョ
  • ブランパン1つ

を食べた。

アヒージョは前回の抗がん剤治療の休薬期間中にも食べたけど、ニンニクがいいのか食べるとなんだか元気になるような気がする。加えて使っているどの素材も糖質が少ないものばかりなので糖質制限をしている僕にとってはうってつけのメニューだ。(※ニンニクだけは100g中21.3gと少し多めだが、使っているのは2~3かけなので量としては少な目)

f:id:yo_kmr:20190513204012j:plain

今日で抗がん剤の投薬を終えてからの休薬期間が1週間経ったが、今現在の時点で自分自身で意識できる抗がん剤の副作用としては、

  • 下痢
  • 鼻をかんだ時ティッシュに少し血がつく
  • 倦怠感少し

とこの程度で、吐き気のほうは完全におさまったと思う。

2年前に経験したベクティビックス抗がん剤での経験では、抗がん剤の副作用のつらさは回を重ねるごとに徐々に積みあがっていく感じだった。でも、今受けているアバスチン抗がん剤の副作用の特徴としては、投薬中から直後にかけてとてもつらい時期が続くが、だいたい投薬後くらいをピークに6日間はつらい時期が続いてそれからわりと回復が早い感じがする。

今回は休薬期間を1週間長くとったけど、次の投薬までに体調がフラットな状態まで戻ることを願うばかりだ。

抗がん剤と体重

アバスチン抗がん剤2クール目の投薬後8日経過

朝、起きてみて自分の体調に目を向ける。昨日に比べて少し気分が良いように感じる。

今感じる抗がん剤の副作用としては

  • 吐き気は無し
  • 下痢は今のところなし
  • 鼻をかんだとき、ティッシュにほんの少しだけ血がつく

くらい。

まだ鼻から微量ではあるが血が出ているということは粘膜に抗がん剤のダメージが残ってるんだろうなと考える。

今日は1日通して下痢の症状が出なかった。そのせいか、心なしか気分も良い。

抗がん剤の副作用からだんだん抜けてきているような気もするが、まだ自分の意識できない部分でのダメージは残っていると思う。この調子で行くと次の抗がん剤治療までかなり元気を取り戻そうな気もするが油断は禁物だ。

抗がん剤に頼るだけではなく自分の生活態度、食生活などをしっかり見直して生活全体を「抗がん生活」に変えていかないといけないと思う。

体重について

体重はこのアバスチン抗がん剤治療を始めてからかなり減ったと思う。

抗がん剤治療を始める前の体重が約75㎏で今現在の体重は65㎏くらいなので、おそらく10㎏くらいは減ったと思う。

基本的に抗がん剤投薬(3日間)から投薬後1週間くらいはなるべく水とお茶だけで他のものは食べないようにしているのでこの体重の減少は当然と言えば当然かもしれない。

抗がん剤の投薬が始まると強い吐き気と下痢が続くので基本的に食べないほうが楽ではある。無理に食べて吐いたり下痢をしたりする方が苦しいうえに抗がん剤治療を続ける気力がなくなるし,気持ち的に落ち込んだりもする。

f:id:yo_kmr:20190513204141j:plain

あまり他の人にはお勧めできないが、僕はまだ体力がある方だと思うのでこの方法とっている。あまりにも栄養失調が続くと抗がん剤治療にも影響が出るかもしれないが、今のところまだその状況までは追い込まれていない。

精神的にも肉体的にもなるべく自分がポジティブな方向に行くように心がけたい。そして僕は根っから食い意地が張っているので、吐き気や下痢がおさまると食べることばかり考えているので極端に痩せたりはしないと思う。

いろんな人の知恵をかりてがんばっている

アバスチン抗がん剤2クール目の投薬後9日経過

今日は久しぶりに普通の排便ができた。これまではトイレに行くと決まって下痢だったのでとりあえずは一安心だ。

午後からは博多まで週一で通っている鍼灸院へ行く。

ここの鍼灸院に通っているお客はがん患者も多いらしく、抗がん剤の副作用で吐き気や下痢をもよおしたときの対処法をいろいろ教えてもらった。

今回(2クール目)の抗がん剤投薬から試している「ツボにピップエレキバンを貼る」ことや「梅エキスを1日3回少量飲む」ことなど副作用の軽減に役立っていると思う。

そもそもここに通うきっかけは母の膝や腰の痛みを軽減するためだったが、僕もがんが再発したころから鍼灸の先生に癌であることを伝えて免疫力アップのツボなどに針やお灸をしてもらっている。

今の世の中ネットで情報など簡単に手に入るが、ここではネットではなかなか手に入りづらい口コミ的な情報を教えてもらった。先のエレキバンや梅エキスは僕と同じく抗がん剤の副作用で苦しんでいるお客さんが試してよかったものらしい。

今日までの副作用としてはこれまで続いていた吐き気や下痢はほぼおさまったと思う。

少しだけ残っているのが鼻をかんだときにティッシュに血が少量つくくらい。

それを見ると「あーやっぱり粘膜が弱っているんだなぁ」と実感する。

f:id:yo_kmr:20190513204116j:plain

 

抗がん剤の副作用のダメージはまだまだ残っている。あまり無理をせず油断せずに過ごしていこうと思う。