44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

アバスチン抗がん剤4クール目の休薬期間(10~18日)の副作用と体調

アバスチン抗がん剤4クール目の休薬期間の副作用と体調はどうなのか(投薬後10日目~休薬期間最終日の18日目まで)

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2019年の3月上旬に書いたメモをまとめています。抗がん剤の休薬期間中の副作用の症状やパターンなどを治療ダイアリーに記録して対策したり前回と比較したりしています。

休薬期間中の抗がん剤の副作用の症状やパターンを把握するために治療ダイアリーをつける

f:id:yo_kmr:20190531183659j:plain

2019年3月。

抗がん剤治療の休薬期間も半分が過ぎ、次の投薬での入院まで残すは9日間となった。

引き続き『AVASTINダイアリー』という小冊子に治療日誌をつけていくことにする。

抗がん剤の副作用の症状の出現頻度やパターン、またはそのつらさの度合いや回復パターンなど記録しておけば今後の比較や対策がしやすいと思う。

AVASTINダイアリーで記録する主だった抗がん剤の副作用

AVASTINダイアリーでは下記のような項目を記録するようになっているので、これらがアバスチン抗がん剤の主だった副作用だと考えられる。

f:id:yo_kmr:20190531184504j:plain

  • 血圧(高めになる)
  • 吐き気や嘔吐、便秘、下痢、腹痛、口内炎
  • 手足のうずき・しびれ、痛み・腫れ(赤い)、ひび割れ・水泡、爪の色の変色や変形
  • 鼻血、血便・下血
  • 頭痛
  • めまい、フラフラ間
  • 脱毛
  • のどの違和感
  • 息苦しい
  • 胸の痛み
  • むくみ(手・足・顔)
  • 倦怠感(だるさ)

 これらの症状が出た日にはしるしをつけて症状が出やすい日やそのパターンなどを探っていこうと思う。

抗がん剤投薬後の10日目から18日目までに出た副作用の症状と体調の変化と食事について

アバスチン抗がん剤4クール目の投薬終了後の9日目以降の休薬期間中に起こる抗がん剤の副作用の症状と体調は日数の経過によってどう変化していくのか、そして日々の食事は副作用に影響があるのかどうかを調べるために記録していこうと思う。

※基本的に食事は昼夜の2食だけ。

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後10日目

【体調】

朝起きてみての体調はやや悪いくらい。

15時ごろに下痢の症状が出て、夜も下痢の症状は続いた。

【食事】

昼食は松屋で牛焼肉定食(ご飯を湯豆腐に変更)。

夕食はコンビニおでんとわかめスープを食べる。

【自覚できる副作用】

  •  下痢

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後11日目

【体調】

朝起きてみての体調はまあまあ良いといったところ。

午前中は比較的調子は良かったが午後になってから下痢になってしまった。

午後から1週間に一度通っている鍼灸院に行って先生に下痢が続いていることを言うと

「じゃあ、お腹に効く針を重点的にやりましょう!」

と、そのように処置してくれた。

そのおかげもあってか鍼灸から帰ってからは調子がいい方だと思う。

今日は鼻をかんだらティッシュに血が付くということもなくなった。

【食事】

昼食にはプレーンオムレツと玄米ご飯少しとアヒージョ(海老、マッシュルーム、鶏肉、ブロッコリー)を食べた。

夕食はVOLKS(フォルクス)というファミレスでラム肉のソテーとサラダバーを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 下痢

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後12日目

【体調】

今日は1日を通して調子は良かった。下痢の症状も出なかったし、鼻血など自覚できる抗がん剤の副作用はほとんどなかった。

投薬から12日経ってやっとここまで回復した。これまでと比較すると遅い方だと思う。

【食事】

昼食にはプレーンオムレツとわかめスープ。

夕食はアヒージョ(海老、マッシュルーム、鶏肉、ブロッコリー)とサラダとワカメスープを食べた。

【自覚できる副作用】

 特に無し。

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後13日目

【体調】

本文朝起きてみての体調はいい方だと思う。

今回は抗がん剤の副作用からの復帰に11~13日以上かかったことになる。

やはりだんだん回復スピードが遅くなってきているような気がしないでもない。

この元気な時間は次の抗がん剤の投薬までの限られたものだから、今のうちにやれることを全力でやっていかないといけないと思い、今日からウォーキングと筋トレを再開した。

午後から少し下痢になるが症状は軽めだと思う。

【食事】

昼食はプレーンオムレツとブランパンと海老のいためもの。

夕食はまぐろの刺身とアマニの葉のサラダと玄米ご飯とコンソメスープと海老の炒め物を食べた。

【自覚できる副作用】

  •  下痢(軽い)

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後14日目

【体調】

今日も比較的に日中は調子良く過ごせたと思う。

日中は自覚できる抗がん剤の副作用もほとんどなかったが、夜になって下痢の症状が少し出た。

原因として、夕食に弟一家と一緒にみんなで回転寿司に行き、少し食べ過ぎたのがいけなかったのかもしてない。トイレから出れなくなるほどひどいものではなく、軽いものであったがやはり注意をしないといけない。

自分では自覚できない見えないところで抗がん剤の副作用ははまだ尾を引いているのかもしれない。

【食事】

昼食にはプレーンオムレツとブランパンとワカメスープ。

夕食は回転ずしを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 下痢

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後15日目

【体調】

今日も日中は調子よく過ごせた。

しかし最近は花粉が飛んでいるのであまり外出はしたくない。

昨日ちょっと散歩に出かけたくらいでそのあとくしゃみが止まらなかった。

そして今日は下痢も出ず、普通の排便だったのでとりあえずは安心した。

【食事】

昼食にはプレーンオムレツとブランパンとワカメスープ。

夕食はわかめスープと納豆とサラダ、ブランパンとサバとアボカドのディップを食べた。

【自覚できる副作用】

特に無し。

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後16日目

【体調】

朝起きてみての体調はまあまあいい方だとは思う。

今日は一日中外出していたが特に問題なく過ごせた。

鍼灸院に行って針を打ってもらい、3日後に始まる5クール目のアバスチン抗がん剤の投薬に備えて身体の各ツボにマジックペンでマーキングしておいてもらった。このツボは吐き気と下痢の軽減に効果が期待できるツボでペンでマーキングしたところに投薬の前日夜くらいからピップエレキバンを貼る予定。

【食事】

昼食にはざるそば。

夕食はVOLKS(フォルクス)というファミレスでラム肉のソテーとサラダバーを食べた。

【自覚できる副作用】

特に無し。 

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後17日目

【体調】

朝起きてみての体調はおおむね良好。

自覚できる副作用も無く、排便も普通で下痢の症状も出なかった。

【食事】

昼食にはプレーンオムレツとブランパンとサバとアボカドのディップ。

夕食はアヒージョ(海老、マッシュルーム、鶏肉、ブロッコリー)と納豆とレバニラを食べた。

【自覚できる副作用】

 特に無し。

4クール目アバスチン抗がん剤投薬後18日目(休薬期間終了)

【体調】

今日の体調はおおむね良好だった。

下痢など自覚できる抗がん剤の副作用はほとんど無かった。

だが、明日からまた抗がん剤の投薬が始まると思うと気が重い。

多分、精神的なものだと思うが、なんだか気分も悪くなってきた。

【食事】

昼食にはプレーンオムレツとブランパン。

夕食は納豆と玄米ご飯とわかめスープと野菜炒めを食べた。

【自覚できる副作用】

 特に無し。

アバスチン抗がん剤の4クール目の休薬期間の18日間が終了しての感想

f:id:yo_kmr:20190601173006j:plain

4クール目の反省点としては下痢の症状がおさまるのを待たずにちょっと勇み足で食事を早めにとったせいで下痢がひどくなったことだと思われる。

やはり投薬後5日間くらいは固形物、もしくは消化吸収しにくいものは口にしない方がいいと思う。

下痢の症状がしっかりおさまってから食べるようにした方があとあと苦しくなくて済むのではないかと考える。

傾向としてはこれまでと一緒で休薬期間の前半は吐き気があり、それがおさまると交代で下痢が出てくる感じだった。

鍼灸院に行ったときに聞いたがん治療の研究の話

通っている鍼灸院の先生から聞いたところによると、最近の癌治療の研究でウイルスを使ったものがあるらしい。

なんでもそのウイルスは癌細胞だけを攻撃して他の正常な細胞は攻撃しないそうだ。

ウイルスを使って癌をやっつけようなんてすごい発想だ。

そんな治療法が仮に完成したとして、いつ民間まで降りてくるか分からないけど一刻も早く保険適用になってほしいものだ。