44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

アバスチン抗がん剤6クール目の休薬期間(1~9日)の副作用と体調

アバスチン抗がん剤6クール目の休薬期間の副作用と体調はどうなのか(投薬翌日~9日目まで)

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2019年4月上旬に書いたメモをまとめています。アバスチン抗がん剤投薬後の休薬期間中の副作用の症状やパターンなどを治療ダイアリーに記録しています。

抗がん剤の副作用の症状やパターンを把握するために治療ダイアリーをつける

f:id:yo_kmr:20190531183659j:plain

2019年4月。

先日、6クール目のアバスチン抗がん剤(FOLFIRI療法)投薬のため3日間ほど入院した。退院後は抗がん剤の副作用の傾向を把握するために病院からもらった『AVASTINダイアリー』という小冊子に治療日誌をつけていくことにする。

抗がん剤の副作用の症状の出現頻度やパターン、またはそのつらさの度合いや回復パターンなど記録しておけば今後の比較や対策がしやすいと思う。

AVASTINダイアリーで記録する主だった抗がん剤の副作用

AVASTINダイアリーでは下記のような項目を記録するようになっているので、これらがアバスチン抗がん剤の主だった副作用だと考えられる。

f:id:yo_kmr:20190531184504j:plain

  • 血圧(高くなる傾向にある)
  • 吐き気や嘔吐、便秘、下痢、腹痛、口内炎
  • 手足のうずき・しびれ、痛み・腫れ(赤い)、ひび割れ・水泡、爪の色の変色や変形
  • 鼻血、血便・下血
  • 頭痛
  • めまい、フラフラ間
  • 脱毛
  • のどの違和感
  • 息苦しい
  • 胸の痛み
  • むくみ(手・足・顔)
  • 倦怠感(だるさ)

 これらの症状が出た日にはしるしをつけて症状が出やすい日やそのパターンなどを探っていこうと思う。

抗がん剤投薬の投薬翌日から9日目までに出た副作用の症状と体調の変化と食事について

休薬期間中に起こる抗がん剤の副作用の症状と体調は日数の経過によってどう変化していくのか、そして日々の食事は副作用に影響があるのかどうかを調べるために記録していこうと思う。

※基本的に食事は昼夜の2食だけにしている。

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後翌日

【体調】

早朝4時頃下痢の症状がでた。

トイレから出れなくなるほどのものでもなく、普通の便と混じったようなかんじだった。基本的に投薬後の3日間は下痢を警戒して固形物や消化吸収の悪そうなものは口にしないでおこうと思う。

今日は午後から起き上がって何かしようと思うくらいまでは体調が回復した。

今回は昨晩からリポビタンファインのような栄養ドリンクを水素水と一緒に少しづつ飲んでいたので、そのおかげか少し体力も回復したのかもしれない。投薬後の翌日の体調としてはこれまでと比べるといい方だと思う。

あと熱さまシートをおでこに貼っていると楽だ。

午後になって軽い下痢の症状あり。

【食事】

食事はなし。温めた豆乳と水素水と栄養ドリンクを飲む。

【自覚できる副作用】

  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 下痢(軽い)
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後2日目

【体調】

朝起きて見ての体調は昨日よりかはマシといった感じ。

吐き気のほうはだいぶおさまった気がする。

何とか起きてウロウロすることができるくらい回復したので、朝から起き上がってパソコンに向かったりしている。とはいえつらいことには変わりはない。

【食事】

食事は夜にコンビニのおでんの大根をひとつ食べた。

その他は水素水、栄養ドリンク(糖質オフ)、コーヒー、お茶など飲み物にととどめた。

【自覚できる副作用】

  • 吐き気(軽い)
  • 倦怠感
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後3日目

【体調】

朝起きてみての体調は割と回復したほうだと思う。

最近になって抜け毛が目立ってきたように思う。ついに毛根にまでダメージが及ぶようになってきたのか。

2016年に行ったベクティビックス抗がん剤のときは4クール目くらいから抜け毛が目立ってきたのでやはりダメージは蓄積されていると思う。

午前中に軽い下痢の症状が出た。ただ昼になってから体調も良くなってきて少しお腹が空いたような感じもしてきた。でもここで油断して食べてしまうと下痢になってしまうので、今日のうちは固形物は口にしないように我慢しよう思っている。

そのおかげか午後になってから下痢の症状は出ていない。

そして今日からMTCオイルとアマニ油をしっかり摂取することを心がける。

免疫栄養ケトン食ではケトン体を出すためにMTCオイルとアマニ油の摂取が推奨されている。

MTCオイル1日100g、アマニ油40gを目標にしていたが、なかなか大変だ。これまではせいぜいMTCオイルは20~30g程度、アマニ油は10g程度くらいしか取れていなかったと思う。今日もなるべく摂取しようと思ったがMTCオイルは50gアマニ油は20gくらいの摂取にとどまった。MTCオイルは基本的には無味無臭なので、摂取方法としてはスプーンにそそいでそのまま飲むようにしている。(1回10~15g)

【食事】

食事としてはおでんの大根くらいにして、あとは栄養ドリンク(リポビタン糖質オフ)や豆乳など飲み物だけにして、胃腸に負担がかかりそうなものは避けた。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感(軽い)
  • 下痢
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後4日目

【体調】

朝起きてみての体調は寝起きの時点ではあまりよくなかったが、起き上がって活動し始めると調子よく感じた。

体調も良さそうなので今日から普通に食事をとっていこうと思う。

今回からの食事で気をつけたのは「ゆっくりよく噛んで食べること」。

6クール目の抗がん剤治療で入院したあと、退院して4日後の今日までほとんど固形物を食べてこなかったので、いきなり胃腸に負担がかかってはいけないと思い、ひと口200回位噛むことを心がけた。ゆっくりよく噛んで食べることによって1時間位かけて昼食を食べ終えた。そのおかげか午後からトイレに行ったら軟便っぽかったが普通の便が出た。

夕食時もよく噛むことを心がけて30分ぐらいかけて夕食をとったが、午後9時半ごろ下痢になってしまった。何度かトイレに行かないといけない下痢だった。

やはり抗がん剤投薬後4日目までは様子見が必要かと。

【食事】

昼食にはアボカドスープと納豆オムレツを半分、そしてご飯の代わりに水抜きした木綿豆腐を乾煎りしたポロポロ豆腐を食べた。

夕食はアボガドのスープとアヒージョ(海老、マッシュルーム、鶏肉、ブロッコリー、アボカド)とぽろぽろ豆腐の残りを食べた。

前日までと比べるとかなり食事のボリュームが増えた。食べ過ぎに注意しないと。

【自覚できる副作用】

  • 下痢(重い)
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後5日目

【体調】

朝起きて見ての体調は割といい方だと思う。投薬後5日目くらいになるとようやく元気がでてくる。

夕方ごろ下痢の症状が出る。

昼食のとき時間が無かったので時間をかけてよく噛んで食べなかったせいかもしれない。とにかくゆっくり時間をかけてよく噛んで食べることを心がけたい。

【食事】

昼食にはアボカドスープとプレーンオムレツとアヒージョ(海老、マッシュルーム、鶏肉、ブロッコリー、アボカド)を食べた。

夕食は豆腐お好み焼きとアボカドスープとアヒージョ(海老、マッシュルーム、鶏肉、ブロッコリー、アボカド)をゆっくりよく噛んで食べた。

【自覚できる副作用】

  • 下痢
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後6日目

【体調】

昨晩はよく眠れたので起きてからの体調はいいと思う。

しかし抗がん剤投薬後から6日目の体調としては5クール目以前のものと比べるとそうでもない感じ。下痢になるタイミングも徐々に遅れていると思う。

でも今日から筋トレも再開したし、昼食前には軽いジョギングもした。

昼食前に走る理由として、これからは昼食を多めに食べ、夕食を軽めにしようと思うので、糖質を優先的に正常細胞に供給できるようにとの考えから。

糖質制限をしていて糖質が少ない食材を食べているとはいえ、やはり量が増えるとそれだけ糖質の摂取量も増えてくるので、昼食をとる前にジョギングをして糖質ががん細胞にいかずなるべく正常細胞に優先的に供給されるようになればと考えている。

午後から少し下痢の症状が出る。

【食事】

昼食にはアボカドスープと豆腐お好み焼きとプレーンオムレツとサラダを食べた。

夕食は外出したのでざるそばと冷奴をたべた。

【自覚できる副作用】

  • 下痢(軽い)
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後7日目

【体調】

朝起きてからの体調はいい方だと思う。

午前中は比較的調子が良くトイレに行った時も少し軟便ぽかったが普通の便が出た。

しかし午後になって昼食を食べ過ぎたせいもあってか下痢になってしまった。結構ひどい下痢で、何度かトイレに行かなくてはならないほどだった。そのせいか気分が悪くなって午後は調子が悪くずっと横になっていた。

投薬後から1週間経過しても下痢の症状は根深い。まだこの時点ではあまり量は食べず、よく噛んでゆっくり食べた方が良いようだ。気をつけなければ。

【食事】

昼食にはプレーンオムレツとワカメスープとツナサラダと豆腐お好み焼きを食べた。

夕食はおからパウダーを使った鶏の唐揚げとワカメスープを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感
  • 下痢(重い)
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後8日目

【体調】

今日はよく眠れたので朝起きてからの体調はいい方だと思う。

午前中少し下痢になるが軽くて済んだが、夕食後わりとひどい下痢になる。

【食事】

昼食は糖質0麺を使ったやきうどんとわかめスープ。

夕食はすき焼きとわかめスープとポロポロ豆腐と玄米ご飯を少しを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 下痢(重い)
  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

6クール目アバスチン抗がん剤投薬後9日目

【体調】

朝起きてみての体調はいい方だと思う。

今日は下痢の症状も出ず、やっと抗がん剤の副作用もひと段落した感じがする。

とはいうもののやはり回数を重ねるごとに回復の速度は遅くなっていっている気がする。

いろいろ工夫はしているとはいえ、やはり抗がん剤の細胞毒は強い。

【食事】

昼食はブランパンと豆腐を乾煎りしたポロポロ豆腐にレトルトのカレーをかけて食べた。

夕食はアヒージョ(海老、マッシュルーム、鶏肉、ブロッコリー、アボカド)とサラダと納豆と味噌汁を食べた。

【自覚できる副作用】

  • 鼻をかんだらティッシュに血が付いていた(微量)

アバスチン抗がん剤の6クール目の休薬期間9日経過した時点での感想。抗がん剤の副作用による脱毛が顕著に

今回は吐き気がおさまるのは早かったが、下痢の症状が長く続いたように思う。

そしてここにきて抗がん剤の副作用による「脱毛」も目立ってきた。

入浴時にシャンプーしたときに手に着く髪の毛が増えてきたように思うし、頭を触ったときになんだか髪の毛のボリュームが減ってきてスカスカな感じがする。加えて照明の加減によっては頭皮まで髪の毛が透けてみえるようになってきた。

こういった事実はやはり気持ちを落ち込ませる。

この歳になって今さら髪の毛がどうこうとか、ヘアスタイルがどうこう言うつもりはないが、抗がん剤のダメージが毛髪にまで及んでいるということは、そこまで細胞毒がまわっているということだと思ってしまう。毒がまわってどんどん弱っていく自分をイメージしてしまう。

焼け石に水かもしれないが育毛シャンプーや育毛トニックを使ってすこしでも抜け毛を減らすことができればと思う。

はあ…薄毛のせいでただでさえモテないおじさんが、輪をかけてモテないおじさんになってしまうとは…我ながらかわいそうだ。