44歳の僕がステージ4の大腸がんと診断されて

2016年大腸がん発覚。手術後、腹膜への転移が確認されステージⅣだと告知される。その後半年間に及ぶベクティビックス抗がん剤治療を受ける。2018年12月がん再発。アバスチン抗がん剤治療を受ける。

アバスチン抗がん剤7クール目の休薬期間(1~9日)の副作用と体調

アバスチン抗がん剤7クール目の休薬期間の副作用と体調はどうなのか(投薬翌日~9日目まで)

この記事ではヨシノ (id:yo_kmr)が2019年4月下旬から5月上旬にかけて書いたメモをまとめています。7クール目のアバスチン抗がん剤(FOLFIRI療法)投薬後の休薬期間中の副作用の症状やパターンなどを治療ダイアリーに記録していたものをまとめています。

抗がん剤の副作用の症状やパターンを把握するために治療ダイアリーをつける

f:id:yo_kmr:20190531183659j:plain

2019年4月。

先日、7クール目のアバスチン抗がん剤投薬のため3日間ほど入院した。退院後は抗がん剤の副作用の傾向を把握するために、病院からもらった『AVASTINダイアリー』という小冊子に治療日誌をつけていくことにする。

抗がん剤の副作用の症状の出現頻度やパターン、またはそのつらさの度合いや回復パターンなど記録しておけば今後の比較や対策がしやすいと思う。

AVASTINダイアリーで記録する主だった抗がん剤の副作用

AVASTINダイアリーでは下記のような項目を記録するようになっているので、これらがアバスチン抗がん剤の主だった副作用だと考えられる。

f:id:yo_kmr:20190531184504j:plain

  • 血圧(高くなる傾向にある)
  • 吐き気や嘔吐、便秘、下痢、腹痛、口内炎
  • 手足のうずき・しびれ、痛み・腫れ(赤い)、ひび割れ・水泡、爪の色の変色や変形
  • 鼻血、血便・下血
  • 頭痛
  • めまい、フラフラ間
  • 脱毛
  • のどの違和感
  • 息苦しい
  • 胸の痛み
  • むくみ(手・足・顔)
  • 倦怠感(だるさ)

 これらの症状が出た日にはメモをつけて、症状が出やすい日やそのパターンなどを探っていこうと思う。

抗がん剤投薬の投薬翌日から9日目までに出た副作用の症状と体調の変化と食事について

休薬期間中に起こる抗がん剤の副作用の症状と体調は日数の経過によってどう変化していくのか、そして日々の食事は副作用に影響があるのかどうかを調べるために記録していこうと思う。

※基本的に食事は昼夜の2食だけにしている。

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後翌日

【体調】

朝起きてみての体調は昨日よりはいくぶんいい感じ。

これまでのパターンであれば、抗がん剤投薬後の翌日は1日中気分が悪くて横になっているが、今日は昼過ぎから起き上がってなにかしようという気持ちになるくらいは回復した。

昼食を少し食べたが、今までの傾向からまだこの時期は下痢への警戒が必要なので、なるべく固形物や消化吸収がしにくそうなものは食べないように気をつけた。

午後から下痢の症状が出たが比較的軽いものだった。

その後は豆乳と栄養ドリンク(リポビタンファイン)を少しづつ飲んで起きたり横になったりの繰り返し。 

抗がん剤投薬の翌日の体調としては、6クール目までと比較すると割と調子がいい方だと思う。

【食事】

昼食にコンビニおでんの大根ひとつとおでんのタマゴを包丁で細かく砕いてマヨネーズとMTCオイルを和えたものを食べて豆乳を飲んだ。

夕食にはサラダチキンを包丁で細かく砕いたものと炊いた玄米を一緒にコンソメスープで1時間以上煮たお粥とコンビニのおでんの大根を1つ食べた。

【自覚できる副作用】

  • 吐き気(軽い)
  • 倦怠感
  • 下痢(軽い)

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後2日目

【体調】

朝起きてみての体調は微妙。倦怠感があるのか、早朝4時ごろに目を覚まして眠ったり起きたりを繰り返し、結局起き上がったのは10時過ぎ。

でも起きていろいろ活動しだすと割と平気になってきた。 

下痢はMTCオイルが原因なのかも?と考えたので食事と一緒に一度に撮る量を大さじ2杯からティースプーン1杯程度に抑えると下痢の症状は午後になっても出なかった。

食事のとり方も少しづつ食べては10分くらい間隔をあけて、なるべくゆっくり食べるように心がけた。 

今回は薬剤師さんが「最初の吐き気止めの点滴を変えてみました」と言っていたのでもしかしたら吐き気が早めにおさまっているのかもしれない。

これまでのパターンだと抗がん剤の投薬後2日間は吐き気が続いて、その後に下痢の症状が出るのでもしかしたら明日あたり下痢の症状が出るのかもしれない。調子を見ながら慎重に食事をとっていこう。

【食事】

昼食は玄米のお粥。

夕食は豆腐を乾煎りしたポロポロ豆腐を作ってそれにキャベツと玉ねぎの千切りを加えたものをコンソメスープで煮込んだものを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後3日目

【体調】

朝起きてみての体調は少しだるさが残るくらいで、不思議と下痢の症状が出ていないので調子がいい。 

午後になっても下痢の症状はでないが、倦怠感があって少し横になっていた。

夕食は妹夫婦と一緒にくら寿司に食べに出かけたが、ここで大きな失敗をしてしまう。

ついうっかり「糖質オフ麺の担々麺」を食べてしまった。

「うわ、こんな辛いの食べて大丈夫かな…」

と心配したとおり、帰ったら下痢の症状が出た。

さすがに油断しすぎたと思う。

【食事】

昼食はポロポロ豆腐にレトルトのビーフシチューをかけたものとアボカドスープを食べた。

夕食は妹夫婦らとみんなでくら寿司へ。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感
  • 下痢

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後4日目

【体調】

朝起きてみての体調は昨日に比べたら良くなった方だと思う。

夜中に下痢の症状で起こされるかな?と少しだけ心配したが朝の時点では問題なさそうだった。

抗がん剤の投薬後4日目の体調としてはこれまでと比較していい方だと思う。下痢の症状が出ないだけでもありがたい。

【食事】

昼食にはアヒージョ(海老、鶏肉、ブロッコリー、マッシュルーム)と妹夫婦がデパ地下で買ってきてくれた総菜のローストビーフとエビチリを少しだけ食べた。

夕食はアヒージョとローストビーフとエビチリの残りを少しだけ食べた。 

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感(軽い)

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後5日目

【体調】

朝起きてみての体調はかなりいい方だと思う。昨晩心配していた下痢の症状は出なかった。

今日くらいから筋トレも再開していこうと思い、昼食前に筋トレと軽いジョギングをしてみた。筋トレは特に問題はなかったが、ジョギングのときに足がもたつく感じがあり、やはり抗がん剤のダメージがまだ残っていることを実感する。 

食事は昼夜ともに時間をかけてゆっくりと食べることを心がけた。

そのおかげか今日も下痢の症状は出なかったが、今度は出ないなら出ないで便秘の心配がちらほら出てくる。僕はもともと便秘などしたことなかったが、2年前に受けたベクティビックス抗がん剤のときに便秘になってとても苦労したのを覚えているので、どちらかというと下痢よりも便秘の方が怖い。

夜9時くらいに普通の排便があって、少しほっとした。

【食事】

昼食は豆腐を乾煎りしたポロポロ豆腐と昨日までのアヒージョやエビチリの残りを食べる。

夕食には同じくポロポロ豆腐と残り物のローストビーフとアヒージョを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感(軽い)

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後6日目

【体調】

昨晩は早めに寝たので早朝4時ごろに目が覚めたが、なんだか少し喉がいたいような感じがした。最近風邪を引いている人が多いようなので外出時にはマスク着用、帰宅後はうがい手洗いをするように気をつけているが、もしかしたら風邪を引いたのかもしれない。

抗がん剤の影響で白血球の数値が低下しているので、もし風邪を引いたりしたらおそらくは長引くだろうと予想する。

とりあえずいったん起きて風邪薬を飲んで二度寝することにした。結局途中目が覚めて寝てを繰り返し、起き上がったのは10時くらいで、そのときはのどの痛みは消えていた。

起きてみての体調はまあまあといったところだが、少し倦怠感が残っている気がする。

今日まで火が通っていない食べ物は避けていたが昨日普通の排便があったので生のキャベツと玉ねぎを食べてみた。

そして今回も食事は時間をかけてゆっくりとよく噛んで食べた。

午後から頻繁にトイレに行くことになったが、下痢ではなく普通の便だった。昨日までほとんど排便が無かったのでやはりたまっていたのか、今日一日で3~4回はトイレにいった気がする。下痢ではなく普通の排便だったが何度も行くと「ぢ」になりそうだ。

【食事】

昼食はアヒージョ(海老、鶏肉、ブロッコリー、マッシュルーム)と豆腐を乾煎りしたポロポロ豆腐とキャベツと玉ねぎの千切りを食べた。

夕食はアヒージョとブランパンとキャベツと玉ねぎを豚骨スープで炒めたものと豆腐を少し食べた。 

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感(軽い)
  • のどの違和感

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後7日目

【体調】

昨晩からなんだか喉がイガイガする感じもあり、熱を測ると36.8と少し高めだったので、もしかしたら風邪を引いたのかもしれない。

朝起きてみての体調はまだのどに違和感は残るものの、それほど悪くはない感じ。

日中は微妙に倦怠感を感じつつも、特に問題を感じることは無く過ごせた。

お腹の調子はとても良く、昨日はたまっていたせいもあってか排便が多かったが、今日は午後に一度しっかりとした排便があったくらいで、頻繁にトイレに行くようなことはなかった。 

ただのどの違和感は残っており、食べ物を飲み込みときなんだかのどに食べ物が引っかかる感じがする。

【食事】

昼食はアヒージョ(海老、鶏肉、ブロッコリー、マッシュルーム)とブランパンと豚肉とキャベツともやしの野菜炒め。

夕食はアヒージョと玄米お粥と鶏そぼろと赤だしの味噌汁を食べた。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感(軽い)
  • のどの違和感

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後8日目

【体調】

朝起きてみての体調はまあまあ。ただ昨日から少し風邪気味なのか、のどの調子が悪く、いがらっぽいような飲み込みづらいような感じ。抗がん剤の副作用か倦怠感もすこしあるが、寝込むほどでもない。

ただお腹の調子はすこぶるよくて2~3回トイレにいったが快便だった。MTCオイルもそこそこ摂取しているので、下痢の原因はMTCオイルではなかったようだ。 

【食事】

昼食はアヒージョ(海老、鶏肉、ブロッコリー、マッシュルーム)とブランパンとキャベツとタマネギとブロッコリースプラウトのサラダを食べた。

夕食はアヒージョと玄米お粥と鶏そぼろと昼食は豚肉とキャベツともやしの野菜炒めを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感
  • のどの違和感

7クール目アバスチン抗がん剤投薬後9日目

【体調】

朝起きてみての体調はなんだかのどが痛いので、やはり風邪を引いたのかも。

GW中は岡山県から妹夫婦らがずっと泊まり込みで遊びに来ていて、1歳の姪のさくちゃんが風邪を引いてたのでそれがうつったのかもしれない。

少し気になっていたお腹の調子は下痢になることもなく、快便が続いている。

ただ食べ過ぎなので量は控えめにしていこう。

体重も退院時は60㎏くらいだったがいまでは62㎏くらいまで戻った。

【食事】

昼食はアヒージョ(海老、鶏肉、ブロッコリー、マッシュルーム)とブランパンとキャベツとタマネギのサラダを食べた。

夕食はアヒージョの残りとキャベツとタマネギのサラダと焼き豆腐と納豆オムレツを食べた。

【自覚できる副作用】

  • 倦怠感
  • のどの違和感

アバスチン抗がん剤の7クール目の休薬期間、投薬翌日から9日経過した時点での感想

6クール目までの記録を読み返してみて、「下痢の原因は火が十分に通っていない食べ物のせいでは?」と思い、抗がん剤の投薬の翌日からは生モノや火が通っていないものは食べないようにしてみた。

これまではプレーンオムレツが好きだったので、ほぼ毎日のように作っていたが、僕が作るプレーンオムレツは卵に完全に火を通さずに半生に近い状態なので、作るのを控えてみた。そのおかげか今回はあまり下痢に悩まされなくてすんだ気がする。 

そして気になっているのは「のどの違和感」で、食事をするとき食べ物が少しのみ込みづらいというかのどに引っかかる感じがする。

もしかしたら風邪を引いていて喉の調子が悪いせいかもしれないが、その辺の見極めが難しいところではある。